グライフ行政書士事務所
〒739-0014
広島県東広島市西条昭和町13-34
サムライスクエア(東広島士業合同事務所)1F
TEL:(082) 437-3650/FAX:(082) 437-3651

AM9:00~PM6:00/土日祝休

  • Facebook App Icon

Copyright © 2016 グライフ行政書士事務所 All Rights Reserved.

1/2

 行政書士  柴田 勲
​       Isao Shibata

(登録番号:第16340805号)

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

平成の終わりがいよいよ近づいてきましたね…なんだかしみじみしますが。

終わりが近づくと言えば、解体工事業について。平成28年6月1日より、とび・土工工事業から分離独立して解体工事業が新しい業種として追加されましたが、そこから3年間はとび・土工工事業の許可でも解体工事業を施工出来る、経過措置期間とされました。
その経過措置期間が来月5月一杯で終わります。6月以降も解体工事(許可を必要とする解体工事)を施工したい場合は、解体工事業の業種追加手続きが必要となりますので、ご留意ください。
 

また資格で専技になられている方で平成28年6月1日以前の資格合格者については、解体工事講習の受講が必要となりますが、こちらの経過措置期間は平成33年3月31日までとなっております。
すなわち先に業種追加手続きを行い、その後に講習を受ける流れでOKです。但しこの場合は講習受講後に専技の区分変更届が必要となります。

業種追加でお困りの場合はぜひ弊所にご相談ください。

昨年7月に相続関連の法律が改正及び成立しました。いわゆる相続法については1980年に改正されて以来大きな見直しもなく来ていましたので、色々と社会情勢に合わない部分が生じていました。
今回の新法でまとめてそれらに対応した形で、今後段階的に施行されることが予定されていますが、まず第一弾として「自筆証書遺言の方式を緩和する方策」が今月13日に施行されます。
変わる点としては、これまで自筆証書遺言については遺言書及び財産目録を付ける場合はそれも含めて全文を自書する必要がありましたが、新しい法律では財産目録部分のパソコン作成や通帳のコピー添付が認められます(財産目録への署名押印必要)。
財産目録部分のパソコン作成は本人以外も行えますので、ご自身で作成されるのが大変と思われる場合は、弊所にご相談ください。

■民法(現行法)
第九百六十八条 自筆証書によって遺言をするには、遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書し、これに印を押さなければならない。
2 自筆証書中の加除その他の変更は、遺言者が、その場所を指示し、これを変更した旨を付記して特にこれに署名し、かつ、その変更の場所に印を押さなければ、その効力を生じない。


■民法(新法:平成31年1月13日施行)
第九百六十八条 自筆証書によって遺言をするには、遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書し、これに印を押さなければならない。
2 前項の規定にかかわらず、自筆証書にこれと一体のものとして相続財産(第九百九十七条第一項に規定する場合における同項に規定する権利を含む。)の全部又は一部の目録を添付する場合には、その目録については、自書することを要しない。この場合において、遺言者は、その目録の毎葉(自書によらない記載がその両面にある場合にあっては、その両面)に署名し、印を押さなければならない。
3 自筆証書(前項の目録を含む。)中の加除その他の変更は、遺言者が、その場所を指示し、これを変更した旨を付記して特にこれに署名し、かつ、その変更の場所に印を押さなければ、その効力を生じない。

自筆証書遺言については来年7月に法務局で保管出来るようになる新しい法律の施行が予定されています。これまで作った後の保管の面で課題がありましたが、今後は公的な場所で保管出来るようになり、自筆証書遺言方式を選択される場面も増えて来そうです。

民法及び家事事件手続法の...

新年明けましておめでとう御座います。

激動の(?)2019年が始まりましたね。新しい元号は何になるんでしょうか。
本年も頑張って参りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

今年も残すところ一週間弱となりました。
今年の広島は大変なことがあった一年で、いつにも増して慌ただしく過ぎ去ったように感じています。夏場から一気でしたね(まあ更新をサボってた言い訳ですが)。
大変な中に於いてもご相談・ご依頼を頂きましたお客様、繋がりを持って頂いた皆様、誠にありがとう御座いました。なんとか今年も無事に年の終わりを迎えられそうであることを、ここに御礼申し上げます。
 
さて当事務所では誠に勝手ながら、下記の通り年末年始のお休みを頂戴します。お客様にはご不便をお掛けいたしますが、あらかじめご了承頂けますよう、宜しくお願いいたします。
なお休業期間中、メール・FAXでのお問い合わせは受付をいたしておりますが、回答につきましては年明け1月4日(金)より順次対応させて頂きますので、何卒ご了承の程お願いいたします。
 
<年末年始休業期間>2018年12月29日(土)~2019年1月3日(木)

来年も元号が変わったり、大きな法改正が予定されていたりと、大変な一年になりそうですね。気を引き締めて臨まないと。
少し早いですが、今年一年、誠にありがとう御座いました。来年も何卒、宜しくお願い申し上げます。

今日は広島は原爆の日ですが、先月の西日本豪雨からちょうど一か月の日でもあります。
一か月前は被害の状況を見るにつけこれからどうなるんだろう、と途方に暮れるような思いがありましたが、関係各位及びボランティアの皆様のご尽力、また全国の善意ある方々の厚意により、予想を上回るペースで復旧が進んでいると感じます。
しかしまだまだそれらが及んでいない・十分でない地域も多いかと思います。引き続き復旧作業に臨まれる皆様は安全・健康に十分ご留意下さい。暑さもまだ暫く続くことと思いますが、くれぐれもお体ご自愛下さいますよう、お祈り申し上げます。
 

何かと大変なときでは御座いますが、弊所では13日(月)から16日(木)までお盆休みを頂戴致します。その間もフォームやメール、FAXでのお問い合わせは24時間受け付けておりますので、宜しくお願い致します。
 

余談ですが先日ピクサーの「リメンバー・ミー」という映画をレンタルで観ました。メキシコを舞台にした映画ですが、日本のお盆にも通ずるような「死者の日」をテーマにしたストーリーで、家族の絆の大切さが描かれた中々素敵な作品でした。
この時期観るのがお勧めです(墓参りしたくなります)。

Please reload

書類や行政手続きでお困りのこと、
ご相談ください。

行政書士って何する人?

行政書士とは書類を扱うお仕事で、あんな許認可やこんな契約書を…

​と、説明する程きょとんとされてしまう、行政書士とは一体何をする人なのでしょう? →詳しく見る

2019/10/1

料金についてページを更新しました。

2019/4/25

​ブログを更新しました。

2019/1/9

​ブログを更新しました。

2019/1/7

​ブログを更新しました。

2018/12/25

​ブログを更新しました。

東広島市西条町生まれ・育ち。

お客様のグッド・ライフをサポートします。

​最新情報